抗酸化化粧品(美容液、クリーム、化粧水)選び方ガイド

キュレル、ちふれ、使うならどちらがよい?

キュレル、ちふれ、どちらも手頃な金額で買えるコストパフォーマンスの高い化粧品として人気です。

 

キュレルはセラミド化粧水として

キュレル(CUREL)

 

ちふれ化粧水はヒアルロン酸配合化粧水として

ちふれ

 

どちらも人気の化粧品ですが、2つとも少し残念な点があります。

 

キュレルは、実は配合されているのはセラミドではありません、配合されているのは、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドという、擬似セラミドを使っています。

 

また、ちふれ化粧水は、公式サイトの成分表にもあるように、ヒアルロン酸の濃度が0.03%と、とてつもなく薄い濃度です

 

このように、成分を詳しくみてみると、とても粗がみえてくるのです。なぜこんなことをしているのかというと、それぞれの化粧品の基本価格が、安いからです。

 

安い化粧品の成分は、そこそこの成分しか使っていません。
いや、むしろ、使えないと言ったほうがよいですね。

 

化粧品には適正価格というものがあります。
化粧水や美容液は、お肌に直接つけるものですので、出来るだけ単価が2000円以上の化粧品を選ぶのがコツです。

 

では、キュレルとちふれに変わるおすすめの化粧水は?

小林製薬のヒフミド

ヒフミド

セラミドは、細胞の間に水分をはさみこんで、周りの湿度が低下しても蒸発しないという性質があります。
最強の保湿成分と呼ばれています。
そのセラミドが、小林製薬のヒフミドには、ヒト型セラミド4%配合という高濃度配合。小林製薬が、セラミドで高い評価を得ている理由はここにあります。

 

それでいて、非常に安価です。

しかも、トライアルセットが980円であるので、まずは本物のセラミドを試してみてください。

 

>>小林製薬ヒフミドのトライアルセットの詳細